fc2ブログ

2024-03

今日は更新が早いのです

ひと区切りついたので、はやめの更新とあいなりました。
比較的暖かくて作業がはかどったってのもあります^^;

こんばんわ。


先週までで一応換装作業は完了なのですが、使えるようにするまでにはまだちょっとあります。

・・・と、その作業を始める前に、まずはスピンドルの回転数をちゃんと知っておきたいなと思い立ちまして・・・しかし回転数計とかもってないし、買うとソコソコするし・・・ならば作ってしまえ!

というわけで、えいやっとブレッドボード上に構築。
P2011076.jpg

手持ちのTiny13とI2C接続の液晶パネル、フォトインタラプタで構築してあります。

丸くきった紙の一部にスリットを設け、それをフォトインタラプタで検出します。
P2011078.jpg
なかなか円盤に適当な素材がなくて探し回った結果、ちかくの中華屋の割引券がやたら頑丈なボール紙だったので利用することに^^

オシロで波形の周波数を確認し、それを元に回転数の表示を公正してなんとな~く正しそうな感じの値を表示するようにします。
P2011077.jpg

小さなブレッドボードに移して設置してみました。
P2011084.jpg

でもってフルパワー状態で回転数を計測。
P2011099.jpg
約3200回転・・・計測の誤差など等もろもろ考えてもカタログ値どおりの妥当な数値なようです。

ソコソコに正確な回転数も把握できたので、いよいよ実際の切削を実行です!
・・・と言いたいところなんですが、まずはモーターのドライブ装置を切粉から保護するための対策をば・・・

まずはドライブ装置にAC電源コードをくくりつけ、ひっぱっても抜けないように対策を・・・
P2011103.jpg

でもって、コレ
P2011100.jpg
いわゆる「おどうぐばこ」ってやつです。紙製の書類箱ですね。

箱の内側にドライブ装置を両面テープで固定しておきます。
P2011104.jpg

電源のオン・オフは延長スイッチでおこないます。コレはあとでスピンドルボックスの中に埋め込んでしまう予定。
P2011105.jpg

とりあえずコンナ感じで設置しました。
P2021116.jpg

さて、こんどこそ本当に切削です。スピンドルボックスにスイッチやらボリュームやらを配置するためのパネルを切削しました。
P2021106.jpg

削ってみた感想としては・・・

●ドリル加工がすごい安定してる!
 これまでは負荷がかかると回転数が下がってしまい、その結果激しい振動が
 発生する場合とかがあったのですが、すごく安定していて静かになりました。

●エンドミル加工も静か!
 切り込みは0.3mmとこれまでどおりで加工したのですが、もっと深くしても
 大丈夫そう。スピンドルの音が静かになったのでワークと刃物の音がよく
 聞こえるようになりました。

思った以上に効果ありますねぇ・・・もっと早く交換を決断しておけばよかった^^;


で、パネルに回転数ボリューム、回転方向の切り替えスイッチ、電源スイッチをつけてスピンドルボックスに取り付け。
P2021107.jpg
ふむふむ、よい感じ。

手前の穴はもともとスピンドルの回転数を切り替えるためのツマミがあった部分です。ガムテープで塞いであったのですがメンテで使うのに都合のいい穴なので適当なものでフタをすることに。ちょうどそばにいい具合の中フタ?のような樹脂製の栓があったのではめておくことに。
P2021112.jpg
ピッタリ^^

ふぅ、ようやくすべての作業が終了! 完全に換装完了です!!
P2021114.jpg

お疲れ様でした^^
スポンサーサイト



怒涛の出張ロード中

1月は半分出張やら教育やらで家に不在とか、どうなっているのか・・・

こんばんわ。


今週はいよいよ天板部分の製作です。

サイズが大きいので当然我が家のテーブルからはみ出して加工できないサイズなのですが、上下2回に分けて切削することにしました。ワークの右側側面を基準として慎重に位置あわせして削りだしです。
P1251050.jpg
あ、ちなみに5mmの板を使ってます。

うまく加工できたので満足^^


ついに必要なパーツがそろったので、交換作業開始です。

まずはスピンドル駆動部分をバラすことから。

モーターを外します。まだ結線されたままなのでとりあえず左奥に外しておきます^^;
P1251055.jpg

天板を外します。手前に駆動ギア、奥の黒い箱が制御基板ですね。
P1251056.jpg

回転速度を切り替えるために上下に移動する中間ギアはそのままスコっとはずれます。
P1251057.jpg

スピンドル軸についている最終ギアは留めている金具を外して抜き取ります。
P1251058.jpg
この金具がなかなか取れなくて苦労しました・・・

ギア部分をすべて取り払ったの図。
P1251059.jpg

続いて制御基板の取り外し。基板自体は簡単に取り外せるのですが、配線が外に伸びている部分が一杯あります・・・
P1251060.jpg

一応、「なるべく元に戻せるように」との方向性で改造しているので、配線も全部外して、引き抜いた後に元どおりに結線しなおしたのですごく面倒な作業に^^; なんとか全部外しました。
P1251063.jpg

すべて取り去ってスッキリしました。
P1251064.jpg

空いてしまった穴はガムテープで塞いでおきます^^;
P1251066.jpg


さて、ここからいよいよ組み立てです。
とりあえず、天板のネジ穴が問題ないか、乗っけて確認です。
P1251049.jpg
微妙に穴の位置がズレていますが、それを見越してネジ穴自体が大きくあけてあるので問題ナシです^^;

スピンドル側のプーリーを取り付けします。
P1251067.jpg
リファレンスに使った20mm真鍮棒だとちょっとブカブカぎみだったのですが、実際に取り付けてみたらピッタリだったので一安心です^^

天板にモーターを取り付け、プーリーも取り付け。こちらもピッタリだったのでよかった^^;
P1251068.jpg

ベルトをかけつつ、天板を取り付けて完成でっす。
P1251071.jpg
シャフト穴には純正のキャップを乗っけてあります。サイズ合わないのでスコスコですが^^;

とりあえず、モーターのドライブ装置は脇においてあります・・・
P1251069.jpg
ちょっとコードが短くて取り回しがよろしくないです・・・

ふぅ・・・ようやくここまできました^^;
ただまぁ、モーターの駆動装置がむき出しではマズいのでなんとかしないといけませんね・・・
あと、これまで回転スイッチのついていた部分がぽっかり穴があいているので、ここに新しい制御スイッチ用パネルをつくらねばなりませんね。空いたままだと音が漏れてうるさいですし^^;

そんなこんなで、ようやく試運転です!

まずは旧駆動装置の動作状態から。動作音は73dBくらい。
モーター交換前
画像をクリックすると動画をみれます。

バタバタ、ガタガタと音がしますね^^;

で、交換後です。65dBくらいですね。
モーター交換後
画像をクリックすると動画をみれます。

随分と静かになりました^^
私的には十分満足のいく結果です。

実際に削ってみたのですが、最初すごい大きな音がして???となったのです。
そこでしばし悩むこと10分・・・あ、回転方向が逆じゃん^^;;;

駆動装置を結線しなおして、再度試し切削。
問題ない感じですねぇ。トルクの不足なんかも感じられません。
強めに負荷をかけて切削すると前は回転音がドタドタドタって感じに変化して、いかにもがんばってます状態になってたのですが、そんなこともなくスムーズに回転してくれてます。

120Wのモーターなので若干パワーダウンかな?とも思いましたが、大丈夫そうです。
本格的な切削はまだ試せてませんのでまだなんともいえませんが・・・

ともあれ、本件はこれにてひとまずの完了です!

降る、降るといわれて・・・

ちっとも降りません、雪。
そして忘れたころにドカっと降るパターンかと。

こんばんわ。


今週末はモーター側用に軸径12mmのプーリーを作成です。

先週まででノウハウは蓄積し、あとは削るのみ!!


・・・と意気込んではじめたものの・・・
P1181045.jpg
風穴の横に新しい溝ができました・・・

今回はGコードの実行ミスではなく、なんと突然Z軸の駆動ネジを固定していた部分が脱落しました^^;
切削中、唐突にスピンドル部分全体がガコン!!と落っこちてそのままステージをガリガリ削りながら5mmくらい移動したところでバギッ・・・!!とエンドミルの折れる音・・・

あまりの出来事にぽか~んとしてました^^;

で、気を取り直してZ軸を再固定・・・したんですが、また脱落・・・
P1191046.jpg
こんな切ない残骸をこさえるはめに・・・

原因はZ軸の固定方法をすっかり忘れていたことですね^^;
ちょっと前にZ軸を固定したまま動かしてしまい、それを復帰させる際に不用意にも軸への固定部分を緩めてしまったんですね・・・その際、本来Z軸ネジのキー溝部分にはまるようにスクリューボルトを締めなければいけないんですが、そのことをまんまと忘れて、普通に締め付けただけにしてしまったわけです。

とりあえずそれでも普通に動いてしまうのがクセモノです。
しかし10mmアルミ板に何個も穴あけしたり、そもそもドライブ装置を換えてからZ軸の動作スピードがそれまでに比べて劇的に早くなっていたり・・・とそんな状態ですから遅かれ早かれ脱落は避けられないわけで・・・

これがまた、よりにもよって10mmの板材を加工しているときに脱落するとか・・・材料高いし、ストックもそんなにないので勘弁してほしいなぁ^^;

しかしまぁ、なんとかがんばってモーター側のプーリーも完成です。
P1191047.jpg
ちなみに今回使用するモーターは以前、自作掃除機の際に購入したオリエンタルモーターの120Wブラシレスモーターです。いまの150Wより微妙にパワーダウンなのですが、うまくいったら同じメーカーの200Wくらいのものに交換したいところです。

400Wとかのもあるんですが三相200Vとかなんですよね・・・200Wだと単相100Vで直接動かせるものがあるのでそちらの方向が楽かなぁと。

来週はようやく天板の作成にとりかかれそうです。
大きなパーツなので加工に難儀するんだろうなぁ・・・

みかん切れ・・・

年末の帰省の際に実家からたくさんのみかんをもらってきた・・・
ハズなんですが、もう無くなってしまった・・・

こんばんわ。


前回、タイミングプーリーの歯の部分を切削しましたが・・・
事故なんかもあった上に、あれから幾度と無く失敗を繰り返しつつ、
ようやくまずは一組分の全パーツを切削完了です。

まずはフランジと、スペーサー
P1131041.jpg
フランジの外周部分はベルトを導くため、ボールエンドミルで高さを変えながら放射状に切削を走らせてあります。1度ごとに360本のラインを切削してあるのですが、ちょっと粗いかなぁ・・・
スペーサーについては後述^^;

あとシャフトとプーリーを繋ぐためのハブ部分。
P1131042.jpg

これらを結合するとコンナ感じ
P1131043.jpg
重い~、デカい~(笑

横から見るとコンナ感じ
P1131044.jpg

Lサイズのベルトは幅が14mm弱あるのですが、入手性のよいアルミ板材は10mmまでなんですよね・・・
そんなわけで足らない4mm分はスペーサーをかまして誤魔化すことに^^;

ふぅぅ・・・これであともう一組、モーター側のプーリーとして同じサイズのものを作るのか・・・
時間かかるなぁ・・・^^;

ここまでの加工で得た教訓としては・・・

①ワークの固定は手を抜いちゃいけなかったね・・・
 やっぱり厚モノはちゃんと固定を考えないと両面テープだけではダメですね^^;
 加工が長くなってワークが熱を持つと両面テープはあっという間に粘着力を失いますね・・・

②刃物はちゃんと使い分けないとダメなのね・・・
 付け替えるのは面倒くさいけど、ちゃんと適切に選ばないとダメですね^^;
 今回初めてラフィングエンドミルを使ったのですが、全然能率が良いですね。
 もっと早くに使っていればよかった^^;

③Z軸の下降ポイントはあらかじめ穴あけ必須ですね・・・
 ここのところずっとアクリルばかり削っていたのですっかり忘れていたのですが・・・
 Z軸の下降地点はワークの無い場所か、あらかじめ穴を開けるかしておかないと
 全然ダメですね・・・そのまま下降すると刃物が負けて盛大にビビりが発生、刃物が
 暴れて加工面が荒れたり、最悪ワークがずれるという・・・


さあ、もう一組の製作をがんばりますかね^^

新年明けましておめでとうございます。

今年も微速前進で参ります。
帰省の時にとった富士山写真をパノラマで。
IMG_0171.jpg
クリックすると珍しく大きいサイズがみれます^^;
富士山と朝焼け、右上には月も写っていますね。


今年最初の切削物はタイミングプーリーの本体部分です。
10mmのアルミ板からの切削は骨が折れます・・・
P1051039.jpg
まずまずのデキに満足^^

で、側面のフランジ部分を・・・と削っていたところ、事故が・・・
P1051038.jpg
あ~~~~~
ついに、やってしまった・・・
本来のGコードとは別の良く似た名前のファイルを間違ってかけてしまい・・・
しかもよりにもよって-10mmのドリル用コード・・・

ステージ中央付近に風穴空いた上におろしたてのボールエンドミルを折損・・・
むぅぅぅぅぅ

今夜は自棄酒ですね^^;

«  | ホーム |  »

日付から日誌を見る

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新の日誌

最新のコメント

最新のトラックバック

カテゴリ

3Dプリンタ開発記 (102)
新モータ駆動装置 (20)
集塵機 外郭編 + モータ制御実験 (17)
集塵機 (42)
Android ADK (3)
CNC改善 (2)
iPhoneスタンド習作 (6)
Webカメラ表示用ソフト (11)
備忘録 (0)
作業日誌 (19)
そのほか (79)
キーボードの製作 (9)
スピンドルモータ交換 (7)
鉄道模型 (9)
自作CNCへの道 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

当日誌の閲覧総数