FC2ブログ

2020-01

朝通勤の殺人光線

通勤時の直射日光が殺人的に思える今日この頃です・・・

こんばんわ。


試作に励んでいる踏切機構ですが、先週作成している機構(仮)部分に遮断器を取り付けようとして、失敗→再試行→失敗を繰り返していたらガタガタになって動きが悪くなってしまいました・・・
P7220599.jpg
これくらい隙間が空いちゃうと側面に引っかかって動かなくなってしまいました・・・

そんなわけで遮断器部分は再作成。2枚張り合わせで作るのは結構ムリムリだったので1枚の板から作成→各固定にはネジを使う方向に変更。
P7260600.jpg
M1.0のタップなんて初めて使いましたよ^^;

腕を上げる際は特に問題ないのですが・・・
P7260601.jpg

ある程度腕が上がってしまうと持ち上げるシャフトが摩擦で張り付いてしまって落ちてこない→腕が下がらない^^;
P7260602.jpg

これ、持ち上げのシャフトがちゃんと下がってくるようになにか手を打たないとダメっぽいですね・・・
機構部分考え直さないとダメですね・・・
スポンサーサイト



週末はどうも雨に降られがち・・・

晴れてる・・・とおもって出かけると雨に降られるワナですね・・・

こんばんわ。


さて、Zゲージ用踏み切りシステムの機構部分に取り掛かりなのですが・・・う~ん、手強い^^;
横幅方向には余裕があるのですが、奥行きと高さ方向には厳しいサイズ制限があります・・・特に高さ6mm以内の部分が厳しい・・・

この制限のなかで自作可能な機構をアレコレ思案した結果、とりあえず試作品がコレ。小さい関係でビシっと精度がでないとうまく動かなくて、何度もリテイクするはめに・・・
P7200595.jpg

M3 60mmネジをモーターで回転させます。ちなみにモーターはバイブレータ用の超小型モーターです。
P7200593.jpg

サイズの関係で使えそうなギアが入手できそうもなかったのでモーターシャフトにヒシチューブを被せて摩擦をあげて、摩擦車的に駆動することにしてみました・・・

で、ネジが回転するとナットが動き、そのナットと連動する直動カム?が踏み切りのバーを押し上げるリンクを上下させるという仕組み・・・ようはフライスの送りネジと同じですね^^;
P7200594.jpg
低い高さに収めるために普通のM3ナットだと大きすぎるため、4mm角の自作四角ナットです。タップをまっすぐ立てるのに苦労しました・・・

問題はモーター→ネジ部分の摩擦駆動部分ですね・・・接触の具合が絶妙に調整されないとうまく動かない・・・なにせモーターにトルクがないので、ちょっと接触がキツイと負荷がかかって止まってしまい、接触が弱いと空回り・・・

摩擦駆動だとちょっと厳しい感じですね・・・これは超小型のギア自作を検討せねばなりませんか・・・ハードル高いなぁ・・・

IIJ4U終了とか・・・

就職したときに契約したプロバイダのIIJ4U、ずっとそのまま使っていたのですがついにサービス終了→IIJ GIOにサービス統合なのだとか。光回線引いたときに業者の人にどこのプロバイダつかってますか?といわれてIIJといったら、どこ?って顔をされたのが印象に残ってます^^;


こんばんわ。

ホームページのサービスは引き継がれずに廃止だとかで、本家ページのほうは移転を考えないといけないですね・・・


さて、随分久しぶりに通常の週末だったのでずっと止まったままになっていたZゲージ用踏切の構想を再開しました。

こんな感じのパーツを真鍮より切り出し。
P7120583.jpg
パイプ状のパーツはステンレスの細パイプです。むか~し、東急ハンズでいろいろなサイズ(0.3mm~3mm)の入ったセットものを購入したものなのですが、最寄のハンズでは今はもう売ってない感じで・・・買い増ししたいんですけどねぇ・・・

で、これを組み立てると、コンナ感じ。
P7120590.jpg

はい、非常にちっさいのです・・・
これくらいのサイズだとアルミでは柔らかすぎて精度でないので1mm真鍮板からの削り出しとなっています。

バーはちゃんと可動します。
P7120591.jpg

これを駆動するための機構部分もやっぱり小さいのですが・・・問題は収めたいサイズに見合うギアが手にはいらないんですよね・・・さて、どうしたものかと未だに迷い中です^^;

まもなく梅雨入りでしょうか・・・

先週土日は海でしたが今週土日は山方面に「出張」です・・・^^;

こんばんわ。

夕日が物悲しいw
IMG_0335.jpg


さすがに2週連続こんな状態はイカンでしょうというわけで、かねてより構想していたZゲージ用の踏切自作計画向けの試作パーツを作成してみました。手始めに警報機部分です。
P6080574.jpg
全高18mm、幅5mmと極小サイズですね・・・使用LEDは1608サイズのSMD LEDです。

0.4mmのガラエポ基板から製作してまして、支柱部分にそのまま配線パターンを切ってます。表面はコンナ感じ。
P6080576.jpg
全体として厚みを押さえるためにチップLEDを上下逆さまにして基板に埋めるように取り付けているため、基板的には裏面になるこちら側の穴部分でLEDが光る形になっています。厚みを押さえないとスケールモデル的にかっこ悪い感じになるかな?と思いまして。

切り抜き時にバリが盛大に残ってしまってちょっと失敗気味^^; 小さすぎてバリがきれいに取れてません・・・

Nゲージ用の自動踏切はあるんですけど、Zゲージ用のものはほとんど例がないようで・・・目標としては
・警報機が鳴動してあわせて音がなること
・遮断器が動くこと

を目指しています。今回はとりあえず警報機側の試作というわけです。
とりあえず圧電サウンダで音をならしつつ、鳴動する動作までは実現できました。
P6080578.jpg
これだけでも雰囲気十分な感じですね。ちょっとLEDが明るすぎるので要調整でしょうか・・・

問題は遮断器の可動ですね・・・小さなサイズの中でどんな機構にしようか・・・
無駄に長い出張の移動時間中に現在考察中です^^;

期末・・・

怒涛の出張モード全開です・・・3月中はほとんど家にいないんですが・・・

こんばんわ。


そんなわけで週末も出勤だったり、平日は出張三昧・・・なのであんまり時間取れずです。

一応チマチマとArduino側のプログラムをいじってPCからシリアルコンソール経由で制御できるように
してみました。

でもまぁ、シリアルコンソールでアドレスとコマンドを直接叩いて制御できるようにしただけなのでカッコ
悪くてお見せできるシロモノではありません^^;

赤外線マーカーは予備で作ってあった基板があるので、それを使ってもう一つ組み立てを実施。
それにあわせてレイアウトを変更してみました。

まずは片方の端に短い直線部分と赤外線マーカー、そしてS次カーブ・・・
P3220523.jpg

そして右横に伸ばす形でテレビとデッキがおいてある前の細い部分にながーい直線部分・・・
P3220525.jpg

最後に赤外線マーカー2つ目。
P3220532.jpg

各端の赤外線マーカーは通過したら「減速」→「停止5秒」→「反転」のコマンドが実行されるように車両側にプログラムされています。運転風景はこんな感じ。


狭い机の上でも結構長い走行シーンを堪能できます^^
見てて飽きないですねぇ。

ちなみに赤外線マーカーも車両と同じように通信で発光内容を書き換えたりできるようにしてあるので、シリアルコンソールでコマンド書き換えできるようにしたのと相まって結構遊べます^^

«  | ホーム |  »

日付から日誌を見る

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の日誌

最新のコメント

最新のトラックバック

カテゴリ

3Dプリンタ開発記 (101)
新モータ駆動装置 (20)
集塵機 外郭編 + モータ制御実験 (17)
集塵機 (42)
Android ADK (3)
CNC改善 (2)
iPhoneスタンド習作 (6)
Webカメラ表示用ソフト (11)
備忘録 (0)
作業日誌 (19)
そのほか (79)
キーボードの製作 (9)
スピンドルモータ交換 (7)
鉄道模型 (9)

リンク

このブログをリンクに追加する

当日誌の閲覧総数