2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もみかんが止まらない

みかんの季節になりました。
ごみ箱にみかんの皮が山盛りですw

こんばんわ。


先週のカム製作でようやく性能・安定性の面で光が見えましたので、次は減速機構を2段に増やすことを目論見ます。で、製作したのはこちら。
PB290756.jpg

外周歯を含むボディ部分をアクリル→POMで作成しなおしました。あわせて2段分の歯車およびピン車を格納するためにこれまでの深さ1mmから深さ2mmへと長くなっています。ただ・・・POMだと薄い部分が結構ヘロヘロになってしまってちょっと扱いに注意を要しますね^^;

ピン車は1段目→2段目を橋渡しするカム付きのものと最終段として動力を取り出すため、長めの軸付きのものをそれぞれ作成。ピン部分はアクリルで、中央の軸部分はPOMで、それぞれ作成しはめ合わせてあります。精度良く両面加工できる手段が欲しいところですね・・・
PB290757.jpg

ピン車と軸部分は下図のように幅0.2mmの段を作ってそこでお互いにかみ合うようになっており、反対側には抜けていかないようになっています。正直、段の部分は厚みが0.2mm程度しかないのでかなり脆いです・・・
2015112901.png

組み合わせた状態はこんな感じ。
PB290758.jpg

対象が小さすぎて、POMのバリとか取りきれてません・・・こうやって顕微鏡接写で撮影して初めてバリの存在に気づくという^^;

で、稼動してみた動画がコチラ。相変わらずのマスキングテープ固定w


まずまず、良い動きです。出力軸が付いて、なおかつ減速比が100:1になって目に見える回転速度になったので減速機っぽくなってきましたw

で、現状の課題としては・・・

・まだちょっと出力の回転数が高めなので3段目が必要かも・・・
・出力軸に過負荷をかけて止めてしまうと、その後負荷を取り去ってもそのまま動かなくなる・・・

2番目はちょっと、減速機としては深刻ですね・・・
疑わしい点としては・・・
・ケース全体の固定がマスキングテープなので過負荷がかかった際に浮きが生じている。
・内部の歯車系がアクリルメインなので、過負荷がかかったときに歪みを生じている。
・機構の収まっているボディ部分の深さについて、
 機構全体の厚みより若干深くして遊びを設けているのですが、その量が多すぎる。

といったところが疑わしいのかと。
全般的に作りがしっかりしていないことが原因かなぁ・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nznavyblue.blog.fc2.com/tb.php/234-0acd9a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

日付から日誌を見る

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の日誌

最新のコメント

最新のトラックバック

カテゴリ

3Dプリンタ開発記 (83)
新モータ駆動装置 (20)
集塵機 外郭編 + モータ制御実験 (17)
集塵機 (42)
Android ADK (3)
CNC改善 (2)
iPhoneスタンド習作 (6)
Webカメラ表示用ソフト (11)
備忘録 (0)
作業日誌 (18)
そのほか (76)
キーボードの製作 (9)
スピンドルモータ交換 (7)
鉄道模型 (9)

リンク

このブログをリンクに追加する

当日誌の閲覧総数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。