2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わき道に逸れまして

ちらほらと、場所によっては梅かな? が咲き始めている今日この頃です。
いまのところ花粉症はまだ影響なくてなによりです。

こんばんわ。


共立エレショップさん・・・在庫なくても注文できちゃうのはどうなの? と、結構発注のたびにそういうことがよくあるんですが・・・
某所にて白色LEDバックライトを奨めておきながら在庫ナシだったという失態がありましたので、面発光デバイスについて考えてみました^^;

まず試作したのがコレ。
P2210849.jpg

5mm厚、透明アクリル板の片面にR0.25のボールエンドミルで溝を掘ってあります。
側面は適度に磨いたあと、ホームセンターで売っていた反射フィルムを貼ってあります。
P2210850.jpg
このフィルム、基材が透明で接着剤も透明なものだったので非常に好都合です^^

同じく底面にも反射フィルムを貼り付け。LEDの入射する1側面と上面はそのままです。

試しにLEDライトで横から光を入れてみると・・・
P2210848.jpg

裏面の溝部分で散乱することで横からの光が上面へと導かれるというわけですね。

本来は配置したLEDからの光強度を計算した上で反射の強度を面上のそれぞれの位置で調整して光り方のムラをなくすようにするのですが、今回はそういうのはナシです^^;

で、実際の作成物として60mm×80mmの大きめのものを作成してみました。
P2210851.jpg

側面にLEDを4つ、光のでる上面にはトレーシングペーパーを被せて溝が目立たないようにしてみました。
LEDの取り付けが相変わらずマスキングテープなのはご愛嬌ですw

これを光らせてみると・・・
P2210852.jpg

結構・・・まともに面発光しますね^^;
使用したのが砲弾型のLEDなため、LED根元部分の光束が強めにでてしまい、ムラがでていますね。もっと密に並べるか、もしくはもっと拡散するタイプのLEDを使用したほうが良いかもです。

トレーシングペーパーのおかげで裏面の溝を感じることはほとんどありませんね。

写真だと発光の具合を伝えるのが難しいですね^^;
照明を落として撮影してみたのがこちら・・・
P2210855.jpg

面で光っている具合はよく判りますが・・・発光部分がホワイトアウトしているため均一に光っているように見えちゃってますね^^;

思ったよりはマトモに面発光を得ることができたと思います。もうちょっと裏面の溝構造とLEDの配置を工夫すれば結構まともになるんではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

うわ(笑)タイムリーにありがとうございます!

あの後、いろいろ探してマルツで45×86を見つけて4つだけ確保。
こちらも在庫切れになってしまいました(^_^;)
試作結果を後でブログにも書きますが、すごくいい感じです!

で、構造を観察するとLEDをアクリルを使って拡散&反射させている様子。
作れそうだな〜なんて思っていたら‥こちらで完成してました(笑)

あと2セット作る予定なので、参考にさせて頂きます。

在庫があったのですか~。なによりです^^
私がマルツをみたときにはもうそのサイズは出てこなかったので、
売り切れ後だったんですかね?w

完全に均一な面発光だともう一工夫いりそうな感じはしますが、
透過物のディスプレイ用途であればソコソコいけそうな感じはしますね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nznavyblue.blog.fc2.com/tb.php/246-a2870847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

日付から日誌を見る

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の日誌

最新のコメント

最新のトラックバック

カテゴリ

3Dプリンタ開発記 (83)
新モータ駆動装置 (20)
集塵機 外郭編 + モータ制御実験 (17)
集塵機 (42)
Android ADK (3)
CNC改善 (2)
iPhoneスタンド習作 (6)
Webカメラ表示用ソフト (11)
備忘録 (0)
作業日誌 (18)
そのほか (76)
キーボードの製作 (9)
スピンドルモータ交換 (7)
鉄道模型 (9)

リンク

このブログをリンクに追加する

当日誌の閲覧総数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。