fc2ブログ

2024-03

不定期掲載:続々・zプローブの制作

みかんを食べる手が止まらない、そんな季節です。
こんばんわ。

さて、先週基板の完成まではこぎつけたZプローブですが、今週はケース部分に着手し、完成。
PB231436.jpg

結局、底面側を樹脂製、プローブ側を真鍮としました。
樹脂は以前使ったコーリアン(人工大理石)の切れ端が見つかったので、それを利用しました。

真鍮側と基板上のプローブ端子を結線→はんだ付けして・・・
PB231437.jpg

蓋してネジ止め。ネジは超低頭ネジです。
PB231438.jpg

おもった以上にカッチリ感ある出来栄えに。
さすがの真鍮製で重量は十分なのでケーブルのひねりにも負けません。

クリップも取り付けて、通電テスト。
PB231439.jpg

ショートさせるとこんな感じ。コーリアンはリトフェインに使われるものなので、薄くするとある程度、光を透過します。ちょうどよい感じでLEDを確認できますね。底面は0.5mm、LEDの直上部分は0.3mmの厚みとしました。少々薄いので強度的には不安ですが^^;
PB231440.jpg

まぁ、もっともこれは基本底面なのでLED光ってても見えませんけどね^^;

で、さっそく接続して動作確認しつつ、プローブ動作用のプログラムを鋭意開発中。

ざっと確認した範囲では・・・
・USBを2つ接続したことによる影響はほとんどなし。
・プローブがショートしたことを検知する動作にはほぼ問題なし。

で、実際にプローブ動作させてみた範囲では・・・1つ問題が・・・

モーターの駆動はFT245経由でおこないますが・・・駆動パルスって基本「投げっぱなし」なんですよね^^; プローブ動作において、「プローブがショートしているか」を確認したのち、「1パルスだけZ軸を下げ」て、その上で「プローブがショートしているか」を見て・・・を繰り返すわけですが、ショートしているかのチェックはZ軸が動作して1パルス分下がった上でチェックする必要があります。

しかし、駆動パルスは投げっぱなしな上にFT245上のバッファーに蓄積していくので、そのままほかっておくとバッファー上に蓄積されて、実際にはまだ動いていないのに次のチェックが走ってしまうことになり、これではまともに動作できません・・・

そうなるとアプリケーション側でZ軸を1パルス下げたのち、十分に動作されるだけの時間待った上でチェックをおこなうことになるのですが・・・Windowsアプリケーションってのはそういった少しの時間を正確に待つというのがすこぶる苦手でして・・・

Z軸の下降動作がお世辞にも滑らかとは言えない・・・下降音がきれいに澄んだ「うぃーん」という音ではなく、「ガッガッガ」っといった感じのひどい音がします。なんとか調整して滑らかになるように試みましたが、がんばっても「ババババ」って感じの濁った音しかしません^^;

まぁとりあえず音は我慢するとしても、あとは精度的なものがどの程度なのか?っということです。

連続でプローブ動作をさせた場合、毎回同じ高さに収束・・・するわけもなく、大体プラマイ0.01~2の範囲内に収束する感じです。まぁあとZ軸の微動下降なんで、うちのヘッポコZ軸はおそらくコラムに張り付いたりして正確には動いていない場合もありそうです・・・

あと、接触→通電検知なので、やはりある程度プローブに刃が食い込んでる感じはしますね・・・テストに使ったのが刃がなまって廃棄した0.3mmエンドミルなので細くて余計に刺さりやすいってのもあるかとは思いますが・・・

まぁ私が使う分には精度的にもこれくらいで十分なんですけど、もうちょっと滑らかには動いてほしいかなぁ・・・




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nznavyblue.blog.fc2.com/tb.php/334-67927b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

日付から日誌を見る

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新の日誌

最新のコメント

最新のトラックバック

カテゴリ

3Dプリンタ開発記 (102)
新モータ駆動装置 (20)
集塵機 外郭編 + モータ制御実験 (17)
集塵機 (42)
Android ADK (3)
CNC改善 (2)
iPhoneスタンド習作 (6)
Webカメラ表示用ソフト (11)
備忘録 (0)
作業日誌 (19)
そのほか (79)
キーボードの製作 (9)
スピンドルモータ交換 (7)
鉄道模型 (9)
自作CNCへの道 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

当日誌の閲覧総数